Alteryxが日本語(β版)対応されました!

データ分析が
ドラッグ&ドロップで簡単にできる”Alteryx”
3月5日のバージョンアップに伴い、
日本語対応版(β版)がリリースされました!
こちらについてご紹介いたします。


こんにちは、PR担当Saoriです。

”Alteryx”は、処理ツールをドラッグ&ドロップし、
線をつなげていくことで「ワークフロー」という処理の履歴を構築し、再生ボタンを押すことで、処理が実行できるため、
とても分かりやすいのが強みの統計ツール

Alteryxを日々使い集計をしていますが、本当につかいやすいです。
ツールをマウス1つで組み合わせていくだけで、複雑な集計も出来ているという実感があります。
ですが、Alteryxは英語・ドイツ語・フランス語のみの対応でした。

がこの度日本語版がリリースされました!!!
ベータ版ですが、日本語になっていることでツールの使い勝手が各良くなりましたので、
今回はバージョンアップしたAlteryxと日本語版に関してのご紹介をいたします。

ダウンロードページはこちら (Alteryx社からのアナウンスページです)

Alteryx Designer ver 2018.1

 アップグレード内容

使いやすさUP
Input Data Tool
Input Data Tool Alteryx アイコン画像

Foemula Tool
Fomula Tool Alteryx アイコン画像
でのConfiguration Window でのインターフェースがより分かりやすくなりました。
例えばInput Data Toolで、Excelを取り込んだ際、どのシートを選択するか?
がちょっと分かりづらかったのですが、分かりやすくなってます。
Input Data Tool Alteryx Excel 入力画像

ローカライゼーションへの対応
地域ごとの違い(単位や文字コード)に対してデフォルト設定が出来るようになりました。
1.文字コード選択
UTF-8、Shift-JIS、ISO8859が選べます。
2.距離単位の選択
MileかKmのどちらをデフォルト設定にするかが選べます。
空間分析でいちいち変えていた面倒が減ります!
TradeArea Tool
Trade Area Tool Alteryx アイコン画像

MakeGrid Tool
Make Grid Tool Alteryx アイコン画像
で便利です。

設定画像はこちらです。
Alteryx 2018.1 ローカライゼーション 設定画面 日本語
Alteryx Promoteとの連携強化
予測モデルおよび高度な意思決定アルゴリズムの製品への展開、管理、スケーリングのためのプラットフォームである、Alteryx Promote(Alteryx Desingerとは別商品)との連携が強化されています。

Alteryx 日本語版の紹介

2018.1版への更新により、Alteryxで対応していなかった日本語版が登場することとなりました。
Helpページも日本語版です!(こちらです。)

日本語版Alteryxを切り取ってご紹介いたします。
Alteryx 2018.1 スタート画像 日本語

Alteryx 2018.1 新しいワークフロー 日本語

使用例もこのように日本語で分かりやすくなっています。
Alteryx 2018.1 Summarize 例画面 日本語

まとめ

Alteryx興味あるけど英語だし・・・と躊躇していた方は、
一度使ってみてはいかがでしょうか?

今回、日本語版はβ版となります。3月30日までテストとして利用できます。
また、β版のため、不明点、改善希望などがあればこちらで受け付けているとのことです。

Alteryxで不明な点がございましたら、
毎週水曜日に相談会を実施していますのでお気軽にお問い合わせください。
こちらで詳細のご説明をしております。

関連記事

  1. Tableau prep と Alteryx の比較

  2. Alteryxが無料で学べるサイトの紹介【UDA CITY】

  3. リリース情報(Alteryx Desinger 2020.1)

  4. AlteryxDesinger内のチュートリアル機能ご紹介

  5. Alteryx 2018.2 日本語版 起動画面

    【遂に日本語版登場】Alteryx Desinger2018.2リリー…

  6. Alteryx機能紹介 Join(データ結合)

フリートライアル(1か月間の無料使用)