AlteryxがExcel業務を改善する5つの方法 を読んでみた。

「Excel業務を改善する5つの方法(Alteryxがセルフ分析を可能にする)」
記事のご紹介です。
データ分析をしているが、Excelだと遅い時がある。
ビックデータを扱うが不安、
BIツールを探しているなどのお悩みがある方、
業務改善にAlteryxが良い理由を5つのポイントでご説明します。

こんにちは、PR担当Saoriです。

今日はAlteryxを使って、Excel業務を改善するための方法をご紹介します。
こちらは本場アメリカにて記事が出ており、今日は翻訳+まとめ記事となります。

1.透明性(Transparency)

【Excel】
最も一般的なツールです。
ですが透明性は高いといえますでしょうか?
出てきた結果に対し、スプレッドシート上で全ての変更を追っかけ、理解することは難しいのではないでしょうか。

【Alteryx】
分析フローを「ワークフロー」として記録していくため、何をどうしたかのプロセスが明確です。
誰もが見ることができるので、あなたの思考プロセスをコメントし、文書化する必要はありません。

—-↓実際にツールはイメージがアイコン化されているので何をしたかが明確です↓——–

Alteryx  シンプル ワークフロー

2.再現性(Repeatability)

仕事の大部分は、更新されたデータを繰り返し分析することが多いです。

【Excel】
自動化・簡素化はできますが、複雑なマクロやVisual Basicスクリプトを作成する必要があります。
手作業によるコーディングに費やす時間が長くなり、データを分析する時間が短縮された人も
いるかもしれません。

【Alteryx】
ワークフローで残すため、分析プロセスを構築した後はそれを繰り返せば良いだけになります。
またコーディングを必要とせず、ドラッグ&ドロップですべてを行うことができます。

3.運用性(Operationalize)

【Excel】
プロセスを自動化または操作するには、VBでのコーディングやマクロの構築が必要です。
また数式といくつかのVBを組み合わせだすと、変更する事が困難になりがちです。

【Alteryx】
対照的にあらゆるプロセスの操作を容易にします。
一度ワークフローを作ってしまえば、自動化が可能です。
また、ワークフローは、組織全体で共有できる分析アプリケーションとなり得ます。
業務改善が容易に出来るようになります。

4.拡張性(Scalability)

昨今、分析するデータは益々増加しています。
【Excel】
セルと行に制限があります。
また、大量のデータをVLOOKUP式を実行しているときの、
パフォーマンスが欠如して仕事にならないといったことがありませんか?

【Alteryx】
データサイズやフォーマットに制限がなければ、
Alteryxはデータとレポートのニーズに合わせて大きなデータを分析することが可能です。
さらに、Ateryx Serverを組み込むことで、企業は分析を組織全体で管理および拡張することができます。

5.高度な分析(Advanced Analytics)

データ分析会社TDWIの調査によると、ほぼ86%の組織の
ビジネスアナリストが、予測分析ツールを使用することを期待しています。
また、地理・地域ベースでの分析がますます重要になってきています。
例えば、特定の店舗に対し不満を漏らしたTwitterをいち早く発見し、それを素早く改善したいと思うでしょう。

【Excel】
単体での利用ではなく、アドオン(拡張パッケージ)が必要となるでしょう。

【Alteryx】
統計、予測、地理分析を同じワークフロー内に簡単に組み込むことが出来ます。
事前に構築されたツールを使えば、1行もコードを書くことなくノンプログラミングで実現することが可能です。

記事本文(全編英語)はこちらを参照ください。

毎週水曜日は相談会を開催しています、どうぞお気軽にご相談ください、詳細はこちら

 

関連記事

  1. Alteryx入出力対応フォーマット詳細一覧

  2. Alteryx機能紹介 Join(データ結合)

  3. 【事例紹介】Alteryxを使った激戦区調査(地図分析)

  4. 製品紹介|Alteryx Server

  5. Alteryxでアプリを作ってみる

  6. web解析・ウェブマーケティングに便利なRegEX(正規表現)ツール

フリートライアル(14日間の無料試用)