AlteryxがSQLユーザーを支援する5つの方法 を読んでみた。

「セルフサービスデータアナライザを有効にするー
AlteryxがSQLユーザーを支援する5つの方法」
(原題 Enabling Self-Service Data Analytics: 5 Ways Alteryx Helps SQL Users)
記事のご紹介です。
日に日に増えていくデータに対し、様々な分析をしたいと思っても、
他部署に依頼しないといけない/SQLはなんだか苦手。
というお悩みがある方、
業務改善にAlteryxが良い理由を5つのポイントでご説明します。

こんにちは、PR担当Saoriです。

今日はAlteryxを使って、SQL業務を改善するための方法をご紹介します。
こちらは本場アメリカにて記事が出ており、今日は翻訳+まとめ記事となります。

1.デバッグ、テスト、プロトタイプ作成の効率化

【SQL】
SQLでQuery文を書く際、間違って置かれたピリオドやコンマは自動的に捕捉されず、
スクリプト全体が失敗する可能性があります。

【Alteryx】
Alteryxの分析ワークフローは、プロセスの各段階で何が起こっているのかを透過的に理解できます。
ワークフローを構築してエラーが発生した場合でも、簡単に変更を行うことが可能です。
また、ワークフローは誰もが見ることができるので、思考プロセスを細かくコメントする必要がありません。

—-↓アイコンがなんの機能か、どういうプロセスか?が明確です。↓——–

Alteryx  シンプル ワークフロー

2.変換効率

【Excel】
SQLで効率的かつ熟練するには、何年もの訓練が必要です。
Query文を覚えるのは簡単ではありません。
適切なデータセットを適切なタイミングで抽出することは、迅速なビジネス社会において大変重要です。
ですが、コードの修正と書き直しに精通した人でも、
内容によってはコードの作成、更新、実行、テスト、および文書化を行うのに、1週間かかることがあります

【Alteryx】
Alteryxでは、コードを書く必要がなく、抽出と変換がシームレスに実行されます。
ツールをワークフローにドラッグ&ドロップするだけです。
これにより、数日から数時間かかる可能性のあるSQLタスクを削減できます。

3.透過性

【SQL】
データ分析の成功への道を理解することで、組織の意思決定プロセスの信頼性を向上させることができます。
残念ながら、この透明性をSQLで実現することは難しいことです。
どうしてか?
SQLコードを見る人全員が理解していないといけないからです。
プログラム内で何が起きているのかを理解することを前提とするのは簡単ではありません。

【Alteryx】
Alteryxはワークフローが視覚的に見ることが出来る。という性質があるため、
他のアナリスト、マネージャーや意思決定者、ITスタッフなどの組織全体に対し、
プロセスを説明し、他部署へしたワークフローを展開した方が簡単です。
あなたが作成したワークフローを正確に見ることができるだけでなく、他の人もそれを見て理解することができます。

4.柔軟性

【SQL】
プログラミングとコーディングの世界では、寛容さはありません。
コードが正しくない場合、何かが実行されず、プロセスは完了しません。
他部署からデータをもらったり、コードを要求するのは簡単ですが、
ご自身が別のデータ抽出を実行するためにコードを変更したり、
異なる仕様のファイルにアクセスすることは簡単ではありません。

【Alteryx】
対照的に、Alteryxは、ユーザーが既存のSQLステートメントを活用するだけでなく、
使いやすいビジュアル・ワークフロー環境によって新しいプロシージャを開発するのに十分な柔軟性を備えています。
さらに、Alterxのデータベース機能を使用すると、データ準備およびブレンディングプロセスを作成する必要がある場合に
データベースのネイティブ言語を活用できます。

——-Alteryx のIn-DB機能(SQLプッシュバック)はこちらをご覧ください——-

5.可触性

【SQL】
ソーシャルデータ、マシンデータ、ログファイルなどの構造化されていないデータの継続的な増加に伴い、
DWHへ移行し、後でその情報を分析する組織が増えています。
しかし、SQLは、データが行と列に格納されるRDBMSの時代に開発されましたが、MongoDB、Hadoop、HIVE、その他のBig Data倉庫などの今日の非リレーショナルデータベースは、構造化された方法でデータを格納しません。
結論は? SQLを使用して非構造化データにアクセスするだけでは機能しません。

【Alteryx】
対照的に、Alteryxはデータ構造とデータの場所についての区別をしません。
Alteryxは、クラウド、データベース、デスクトップ、ビッグデータ環境などのあらゆる環境から、
構造化、非構造化、または半構造化されたデータへの接続とアクセスを容易にします。

—-Alteryxの多種多様な対応可能データ形式はこちらをご覧ください。——-

最後に

データ分析をするにも、まずはデータが必要です。
そのために難しい言語を覚えなくてはいけないの?
と不安になる方には安心できる記事かと思います。

実際、私自身はSQLもAlteryxも両方使っています。
どちらも良い点がありますが、
Alteryxの方が使いやすいなと感じています。(個人の感想です)
何をどうすればいいか、がやはり分かりやすいのがすごくいいところです。

他、(アメリカ企業ですが)ユーザー様の声も書いてありますので、
是非読んでみてください。

記事本文(全編英語)はこちらを参照ください。

毎週水曜日は相談会を開催しています、どうぞお気軽にご相談ください、詳細はこちら

 

関連記事

  1. Alteryx入出力対応フォーマット詳細一覧

  2. Alteryx Desginer 2019.1 Start画面FULL

    リリース情報(Alteryx Desinger 2019.1)|Pyt…

  3. Excel で時々感じる困ったこと”あるある”からひも解くAltery…

  4. Python Tool を使ったLoop処理|Alteryx Desi…

  5. Alteryxが無料で学べるサイトの紹介【UDA CITY】

  6. Alteryx ログ出力や個別の設定方法について【User Setti…

フリートライアル(14日間の無料試用)