Alteryxのポイントとワークフローのすごさとは?

Alteryxにおける4つの大きなポイントと、
そこでキーになってくるワークフロー
についてご説明いたします。

こんにちは。PR担当Saoriです。

Alteryx Designer の4つのポイント

Alteryx Designer には、主に4つのポイントがあります。

■Data Blending(データブレンディング)
■Predictive Analyticis(予測分析)
■Spatial Analytics(地理分析)
■Sharing Insights(知見・深い洞察の共有)

これらのポイントを1つずつ簡単に解説します。

●Data Blending(データブレンディング)

分析には様々な情報減からデータを組み合わせる必要があります。
Alteryxは直感的なインターフェースを通してデータの準備は混合をすることが出来ます。
プログラミングは不要です。

●Predictive Analyticis(予測分析)

予測はしたい、けど難解な計算式を使うことが出来ない。
Alteryxではプログラミングを必要とせずに分析をすることが可能です。
そのため、簡単にできるワークフローを提供しています。

●Spatial Analytics(地理分析)

マッピングをしたい、専門家は雇えない。
地理的な分析についてもAlteryxは簡単に実施することが出来ます。

●Sharing Insights(知見・深い洞察の共有)

ExcelやAccessで、分析データを作れたけれど繰り返し作ることが出来ない。
作った人の個性が強くて引き継ぎ時使いこなせない。
ワークフローがあるので迅速かつ簡単に共有を行うことが可能です。

 

ワークフロー

ワークフローは、Alteryxで使う用語です。
ツールと呼ばれる”機能”をつなげて一つの分析プロセスを作成した結果のことをワークフローと呼びます。

ツールは、SQLで言うとJOINや、GroupByやBetweenの用語一つ一つがiPhoneのアイコンになっているようなイメージです。
以下のように、感覚的にそのツールが何を意味しているのか?が分かりやすくなっているとかと思います。

CreatePoints ポイント作成 ツール Alteryx アイコン 画像  Text Comment Tool コメント ツール Alteryx アイコン 画像  Summarize サマライズ Tool Alteryx アイコン画像  Python Tool Alteryx アイコン  Union ユニオン Tool Alteryx アイコン画像  Alteryx Table Tool アイコン画像  閲覧 Alteryx Browse Tool アイコン画像

 

ワークフローは、SQLでいう”クエリ文”や、IBM SPSS Modelerの”ストリーム”に近いイメージです。

このような形で様々なツールをつなげて処理を行っていきます。

Alteryx Workflow アルテリックス ワークフロー サンプル
※AlteryxDesigner Tableau StarterKit サンプルワークフローより抜粋

視覚的に、どういうプロセスでAlteryxDesignerを使い、データ(アウトプット)を出力したか?
が簡単わかるかと思います。

これだけわかりやすいため、(またワークフローにテキスト文字を書き込むことが出来るため、)仕様書を作成せず、代わりにAlteeryxワークフローにプロセスや背景、考え方を書いている方もいらっしゃるそうです。

またAlteryxのツールとワークフローは、人による書き方の癖やブラックボックス化も、少ないように思います。
結構どの方が見ても理解がしやすいのがAlteeryxのワークフローで一番すごい点ではないかな、と私は思っています。

写真のようなワークフローも、難しいことはなく、ちょっと練習するだけで作成可能です。

(参考記事:Alteryx:Repeatable Workflow for Self-Service Data Analytics

関連記事

  1. Alteryxのレポート機能についてご紹介

  2. Alteryxが日本語(β版)対応されました!

  3. コマンドラインを使ってAlteryxを動かしてみる-アプリ編-

  4. Alteryx Desinger 2018.4リニューアル トップ画面2

    リリース情報(Alteryx Desinger 2018.4)|デザイ…

  5. Alteryxを実施するには【簡単なプロセスのご紹介】

  6. Alteryx機能紹介 IN/OUT

フリートライアル(14日間の無料試用)