Alteryx対応可能ファイルと概要一覧

Alteryxの機能と対応可能なファイルの種類をご説明いたします。

処理アイコンをドラッグ&ドロップし、線でつなげていくことで「ワークフロー」という処理の履歴を構築し、
再生ボタンを押すことで、処理が実行できるため、とても分かりやすいのが強みのAlteryx。

その様々な対応フォーマットの概要と、対応フォーマットについてご紹介します。

Alteryx対応フォーマット概要

Alteryxは、エクセルなどの構造化されているデータ(Sutrucutured)だけではなく、

Twitter などの構造化されていないデータ(Unsutrucutured)や

XMLなどの半構造化状態のデータ(Semisutrucutured)についても利用が可能です。

またそれらを組み合わせて利用することも可能ですので、

データを組み合わせて分析することが可能です。

Alteryx対応フォーマット一覧

Alteryxの対応フォーマットは2017年9月時点で84種類あり、
様々なデータを組み合わせて分析することが可能です。
Twitterやブログ、また地図なども分析が可能!!
もちろんExcelやcsvなどのデータにも対応しているので、
ビックデータ扱い辛い、ということがありません。

↓詳細はこちら↓
データ一覧

 

関連記事

  1. AlteryxをRPAツールとして活用する|事例紹介

  2. 【記事紹介】TableauとAlteryxの相性の良さ

  3. データ分析はじめの一歩②【データの中身】

  4. Alteryx機能紹介 Transform(変換)

  5. Alteryx アイキャッチ画像

    Alteryx ロードショー & ユーザーグループ会参加レポート

  6. Alteryx Server 画像

    AlteryxServer/Connect/Promote のご紹介

フリートライアル(14日間の無料試用)