リリース情報(Alteryx Desinger 2020.1)

データ分析が ドラッグ&ドロップで簡単にできる”Alteryx”
年に4回、Alteryxはバージョンアップをしています。

2020年03月05日に最新バージョン 2020.1が登場しました。

速報として、AlteryxDesignerのアップデート内容をご紹介します。

こんにちは、PR担当Saoriです。

”Alteryx”は、処理ツールをドラッグ&ドロップし、 線をつなげていくことで「ワークフロー」という処理の履歴を構築し、再生ボタンを押すことで、処理が実行できるため、 とても分かりやすいのが強みの統計ツール

Alteryxは年に4回、メジャーアップデートをしています。 新機能追加や、デザインの変更、使いやすさの改善を行ってくれています。 本記事ではAlteryx Designer 最新バージョン 2020.1 の更新点をご紹介いたします。
※2019.4のアップデート記事を書いておりませんので、今回はそちらについても書きたいと思います。

Alteryx Desinger 2020.1 新機能概要

1.利用言語の簡単設定

Alteryxの利用言語がワンクリックで切り替え可能になります

言語切り替えが簡単になりました。
今まではアンインストールしてから再度インストールする必要があり、複数言語を使う会社の方や、英語のみの時代から利用されている方には
少し不便なところがありました。(英語オンリー時代から使っているヘビーユーザーからしたらこの進化はすごい嬉しい)
ワンクリックで言語が切り替えられるのはとても便利です。

<切り替え画面>

また、ローカライゼーション設定についても、この言語切り替え画面から、設定画面に行くことが可能です。

———————--主な設定内容———————-

    • インタフェース言語の設定
    • 並び順(英語と同じままか、その言語の順番(日本語だとあいうえお順)かどうか。)
    • データ取り込時の初期文字コード
    • Tool Container Tool ツールコンテナ ツール Alteryx アイコン 画像ツールコンテナやText Comment Tool コメント ツール Alteryx アイコン 画像コメント 使う際のフォント
    • Spacial 空間 Alteryx アイコン 画像Spatialツール群を使う場合の単位(キロかマイルか)
    • フォレストモデルツール Alteryx アイコン 画像 Predictive関連Predictiveツール使う際の初期文字コード
      →日本語コード(=2文字バイト)に対応しており予測統計が格段にしやすくなります!

      <ローカライゼーション設定画面>

2.閲覧(Browse)ツールの進化

Holistic Data Profiling 機能

 Browse(閲覧)ツール実行時に確認できるデータの概要の機能・範囲が拡張されました。
 今まではひとつのフィールドに対してのみだったのが、全体フィールドを一覧で確認することが出来、また詳細も細かく表示されるようになります。
 データ分析を始めたばかりの人にはこちらを見て、どこを確認したらいいか?といったポイントを素早くつかむことが出来ると思います。

<閲覧画面 全体>

<詳細確認画面:数値型>

<詳細確認画面:文字型>

 

 

3.Excelの機能強化

範囲選択が簡単に

Excelを取り込んだ際、取り込むデータ範囲を選択する画面が追加されました。
会社で利用されている資料の仕様上、A1セルからデータが入っていない場合に利用される方はコツが必要だったのですが、これで簡単に取り込めます。

4.その他更新点

2020.1新規機能

今回、そのほかに使ってみて感じた更新点をいくつかご紹介します。

  • Connect In-DB アイコン画像接続In-DBツール(Connect In-DB)を使う際のクエリが見やすくなりました。
    <クエリ入力画面>
  • Alteryxの言語が新たに中国語にも対応しました。
    →英語/日本語/イタリア語/フランス語/ポルトガル語/スペイン語/ドイツ語/中国語 となります。
  • ログの説明が丁寧になってます。(2019.3頃からだと思います。)
2019.4新規機能

その他昨年にアップデートされた2019.4の新機能をご紹介します。

  • Hyperファイルが読み込めるようになりました。
  • →Tableau用拡張子が読み込めるようになるので、PDCAがさらに回しやすくなります。

  • Predictiveツールが2バイト文字に対応しました
  • テキストデータをコピーペーストするだけで、自動でText Input Tool AlteryxTextInput(テキスト入力)ツールに変換されるようになりました。
  • フォルダをドラッグ&ドロップすると自動でFolder(フォルダ)ツールに変換されるようになりました。

まとめ

2020.1がリリースされ、変更点をご紹介しました。
Alteryxは、ユーザーの皆様が使いやすくなるように進化を続けております。
使いやすさが向上すると、ちょっとした作業がしやすくなるので、Alteryxを使うのが楽しくなります。
————————-参考リンク————————-
Alteryx社の公式HPでのバージョンアップ案内こちらです。
具体的なバージョンアップ内容(リリースノート)はこちらです。

Alteryx(アルテリックス)を14日間無料でご体験いただけます。 最新版をご利用いただけます。日本語または英語版、お好みの言語で利用が可能です。 トライアル期間中もサポートいたします、ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。 14日間のフリートライアルはこちらから

Alteryx(アルテリックス)のお見積りや、データ分析に関するご相談は「問い合わせページ」にて承っております。 お気軽にご相談ください。 お見積もり依頼などのご相談はこちらから

 

関連記事

  1. Alteryx ETL 概念図 EAI

    機能|ETLツールとして必要な機能を備え持っているAlteryx

  2. Alteryx ログ出力や個別の設定方法について【User Setti…

  3. Favorite(お気に入り)機能を使って分析をしてみよう①

  4. Alteryx対応可能ファイルと概要一覧

  5. Alteryx機能紹介 Parse(解析)

  6. Alteryx Server 画像

    AlteryxServer/Connect/Promote のご紹介

フリートライアル(14日間の無料試用)