リリース情報(Alteryx Desinger 2018.3)|Python Toolなど待望機能が追加されました。

データ分析が ドラッグ&ドロップで簡単にできる”Alteryx”
8月28日に最新バージョン 2018.3が登場しました。

速報として、アルタリクスデザイナーのアップデート内容をご紹介します。

こんにちは、PR担当Saoriです。

”Alteryx”は、処理ツールをドラッグ&ドロップし、
線をつなげていくことで「ワークフロー」という処理の履歴を構築し、再生ボタンを押すことで、処理が実行できるため、
とても分かりやすいのが強みの統計ツール

Alteryxは年に4回、メジャーアップデートをしています。

今回も大変期待が高まる進化をしています。
今回最新機能を、速報としてご紹介いたします。

Alteryx Desinger 2018.3

今回のアップデートは、Alteryxユーザーからの要望にこたえた形の更新だなと思う点が多い印象を受けました。
大きな変更点を4つほど紹介します。

1.データ視覚化の強化 [ダッシュボードを作成し、使えるようになります]

Alteryx単体でダッシュボードが作成できるようになりました。 

今までのグラフ機能が進化し、直感的に操作可能なグラフツールに見直されました。
また、複数同時にグラフを表示でき、図表にコメント追加することも可能となっています。

Insight Tool Alteryx アイコン新ツール Insight ツール

このツールは、ダッシュボードを作成して、データをより詳細に把握することができます。
このように、複数のグラフを表示し、必要な部分のみ表示させるということが出来るようになりました。

Alteryx official 公式 Insight Tool 説明画像

※Alteryx社公式案内の画像をお借りしております。

Interactive Chart Tool Alteryx アイコン新ツール Interactive Chart ツール

グラフ作成が作りやすくなるよう、進化しました。
こちらのツールを使うと、今までグラフ作成ツールよりも直感的にグラフを作成することが出来るようになっています。
Alteryx インタラクティブチャート 設定画面3

2軸に関するグラフも簡単に作れるようになっています。

Interactive Chart Toolを使ってグラフを作成後、Insight Toolを使って洞察を得ていく、という使い方が出来るようになります。

2.Pythonコードを直接書いて使うことが可能に

PythonのコードをAlteryx Designerのツール内に直接記載し、実行できるようになりました。

Pyrhon Tool Alteryx アイコン新ツール Python ツール

Pythonユーザーのためのコードエディタです
Jupyter Notebookと連携し、こちらを使いながらコードを書いていきます。

なお、既に具体的な使い方について、Alteryx Communityの記事にて公開されています。

既にRツールという、AlteryxにRのコードを直接書いて使うことが出来るのですが、
RもいいけどPythonもほしい!という声は昔から上がっておりました。
それが実現されるとのことで、より高度な分析を手軽に行っていただければ、と考えております。

3.「ワークフローの選択実行」が可能に

AlteryxDesingerに一時的にデータを覚えさせてから、ワークフローを実行させることが可能になりました。
任意のポイントからワークフローが実行できるようになり、作業時間が大幅に短縮されます。

新機能 キャッシュ

細かな変更をし、出力結果を確認しながら進めたい場合、
都度最初からデータを流すとなると、無駄な待ち時間が増えてしまいます。

ツールを選択し、右クリック後「ワークフローをキャッシュして実行する」を行うことで、
選択したツールに関しての記憶を行うことが出来ます。
またキャッシュを複数使うことも、消すことも可能です。

写真のように、どこがキャッシュされているのかというのが視覚的にわかるようになります。
Alteryx cache キャッシュ official 公式
※公式からお借りしました。

4.その他新たな機能など

その他、AlteryxDesingerがより使いやすくなるための改善が行われています。

対応データソースの追加

Microsoft Azure HDInsight に対応するようになりました。
こちらは高速処理技術であるIn-DB機能にも対応しています。
直接データベースと接続をし、集計を一部行うことで処理の高速化・効率化が実現できる機能です。

今回のアップデートにより、Alteyxは92種のデータソースに対応しています。

対応言語の追加

英語・フランス語・ドイツ語・日本語
に加え
スペイン語とポルトガル語に対応しました。

まとめ

2018.3がリリースされ、速報として進化した点をご紹介させていただきました。
使っていく中で、これは!という機能や細かい点を今後ご紹介してまいります。

Alteryx社の公式HPでのバージョンアップ案内こちら

Alteryx(アルタリクス)を14日間無料でご体験いただけます。
今回登場した2018.3のご利用、また日本語版も利用できます。
トライアル期間中もサポート対応実施中、ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
14日間のフリートライアルはこちらから

説明会(質問会)も定期的に開催しております。(説明会内容はこちら)今すぐお申込みください。
↓セミナー申し込みはこちらです↓
お申込みページ
「セミナーに関して」にチェックいただきセミナー希望と明記の上お申込みください。

関連記事

  1. Alteryx版 Date関数事例紹介(日数差/時差変換/平日のみ抽出…

  2. データ分析はじめの一歩①【データ型】

  3. Qlik Alteryx

    セルフデータBIツールとAlteryx(QilkView Qlik S…

  4. Salesforce Alteryx blog タイトル LHit

    SalesforceデータをAlteryxから取り込むツールとキットの…

  5. Alteryxを使って「名寄せ・表記ゆれ」データのクレンジングを行う

  6. Alteryx機能紹介 Join(データ結合)

フリートライアル(14日間の無料試用)