AlteryxをRPAツールとして活用する|事例紹介

AlteryxDesignerをRPAツールとして活用いただいているお客様の事例をご紹介いたします。
データ集計・分析に関するお悩みから、Desktop Automationもご提案させてていただき、
現在Alteryxを使った自動集計が24時間行われています。

こんにちは。Saoriです。

処理アイコンをドラッグ&ドロップし、線でつなげていくことで「ワークフロー」という処理の履歴を構築し、
再生ボタンを押すことで、処理が実行できるため、とても分かりやすいのが強みの統計ツールである”Alteryx”。

今回はAlteryxDesignerをRPAツールとして活用いただいているお客様の事例をご紹介いたします。
昨今話題のワードであるRPAやデジタルトランスフォーメーション。
Alteryxを活用することで、実現出来てしまいます。

※今回ご紹介するワークフローはAlteryxDesigner 2019.4 日本語版 を利用しています。

RPAとは

まずはRPAについてご説明します。

RPAとは(用語紹介)

RPAとはRobotic Process Automation の略で、ロボットによる業務自動化・業務効率化の事を意味します。
繰り返しが多い定型作業を、人が作業するのではなく、ツールなどを使って自動化をしていく作業のことです。
人手不足や効率化が叫ばれるような今、作業の自動化・機械化は今のトレンドにもなっています。

サービス提案・導入事例|AlteryxをRPAツールのように利用する

課題とご提案の背景

データの取得や集計は、必要な人がweb画面にログインし、個々に取得をする方法を取っていたが、スキルによりアウトプットの結果が異なることや、
何人もの部署や人が同じような作業をしているという課題が発生していた。
また、社員全員のスキルを上げるよりも、集計プロセスを一つにまとめたいという要望があった。

他にも集計を営業日以外にも行いたい要望があったため、
AlteryxDesignerに加え、バッチ処理やスケジュールセットが可能になるDesktop Automationライセンスも同時にご提案し、採用いただきました。

自動化へのプロセス

AlteryxDesignerとDesktop Automationを使った自動化プロセスは、とてもシンプルです。

①Alteryxで集計ワークフローを作成
②バッチファイルを作成
③タスクスケジューラーへ処理時間を指示して設定

なお、各々の処理が問題なく実行出来るよう、コマンドプロンプトやPythonを使って、LOGの確認や再実行処理、日付の変更やFTPへの連携を行っています。
(具体的な設定方法はこちらの記事をご覧ください。)

現在実施していること

最初は週明けに提出するレポート向けの自動集計3つだけ行うのみでした。
そこから始まった自動処理ですが、2年で200個近くの処理が1日に実行されるようになり、1部署分の処理だったのも今では10近くの部署に向けてと範囲も拡大され、
サービスとして欠かせない役割を担っています。

メルマガやINE配信対象リストの作成と連携
契約情報、掲載数、為替データなどの、日々変わる情報の日次取得と保存
SalesforceやGoogleBigQueryなどのデータをAPI(ツール)を使ったデータ集計
営業実績や獲得実績などの日次、週次、月次向けレポート用集計

効果

作業時間削減だけでなく、社内全体の業務効率向上や、付加価値向上の業務への移行が出来るようになっています。

●24時間365日の集計が可能になったことで、顧客獲得の機会が増えた
データ集計に関する作業時間が月15時間削減された。
データ集計処理が一か所に集まることで、
・古い/間違ったクエリで集計していたデータが是正されていった
・会社全体のデータ集計に関するプロセスが統合されていった

AlteryxをRPAツールとして活用できる点

私がAlteryxDesignerをRPAツールとした形で利用することをおすすめしたい点となります。
ワークフローが分かりやすく、再利用しやすい点は素晴らしく、似たような処理の依頼の開発時間の短縮にもつながっています。

●取り込めるデータの種類が多い
→ExcelやAccessはもちろんのこと、OracleやMySQLなどのデータベース、JSONファイルやSASなど34種類の拡張子に対応しています。
●ワークフローが分かりやすい。
→再利用が可能ですし、Alteryx上に説明を書くことで、データ集計のプロセスと仕様書が同時に作成出来ます。
●バッチ処理が可能
→コマンドプロンプトと組み合わせてエラーチェックや再実行、メッセージ送付が可能。

まとめ

今回はAlteryxDesignerをRPAツールとして活用してみたお客様の事例をご紹介しました。

今では、データ集計だけでなく、データ分析・活用が行われ、今ではPredictiveツールを使った予測統計や機械学習を行っておられています。

RPAはデジタルトランスフォーメーション(DX)を行いたいけどどうしたら分からない。
という方は、参考になれば幸いです。

KipさんによるイラストACからのイラスト

 

 

 

 

AlteryxDesignerを毎日利用し、活躍しているアナリストがデータに関するお悩みをお伺いしております。
様々な分析手法・集計ツールを使っているため、全般的な
データに関するお悩みやご相談を解決するためのコンサルも請け負っております。
お気軽にご相談ください。

Alteryx(アルテリックス)を14日間無料でご体験いただけます。
TableauやSalesforceとの連携についても、体験期間でご確認いただけます。
トライアル期間中もサポートいたします、ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
14日間のフリートライアルはこちらから

Alteryx(アルテリックス)のお見積りや、その他データ分析に関するご相談は「問い合わせページ」にて承っております。お気軽にご相談ください。
お見積もり依頼などのご相談はこちらから

 

関連記事

  1. 実演|Alteryxへの様々なデータ取り込み(BigQueryなど)

  2. Alteryx 全種類 機能説明 TOP画像

    Alteryx機能紹介 Data Investigation(データ調…

  3. 【記事紹介】TableauとAlteryxの相性の良さ

  4. test2

    Alteryxが得意とする地理空間分析・GIS構築

  5. AlteryxがSQLユーザーを支援する5つの方法 を読んでみた。

  6. 複数行フォーミュラの活用事例(前年同月比・差の比較)

フリートライアル(14日間の無料試用)