セル分割に便利な列分割(Text to Columns)ツール

Alteryxの列分割ツールについてご紹介します。
このツールは列だけでなく、行でも分割が出来ます。

アンケートやお問い合わせなどで、住所やフリーコメントを集計しやすいように
分割したい、1つのセルに複数のデータが含まれている場合の集計が面倒だ。
という方は是非読んでいただければ幸いです。

こんにちは。Saoriです。

処理アイコンをドラッグ&ドロップし、線でつなげていくことで「ワークフロー」という処理の履歴を構築し、
再生ボタンを押すことで、処理が実行できるため、とても分かりやすいのが強みの統計ツールである”Alteryx”。

今日はAlteryxDesignerの列分割ツールについて、ご紹介します。
一つのフィールドに多くの情報が入っている場合、様々な技術を駆使してデータを集計しやすいよう
前処理を行っていくかと思いますが、このツールはそれが簡単にできます。

便利です。

特殊な技術は不要です。

ひとつのツールで容易にできる分割ツールの使い方をご紹介します。

※今回ご紹介するワークフローはAlteryxDesigner 2019.4 日本語版 を利用しています。

行も列も分割可能! 列分割ツールの紹介

まずはAlteryxDesignerで利用できる列分割(Text to Columns)ツールについて、ご紹介します。

列分割(Text to Columns)ツール説明

text to columns Text to Columns Tool 列分割ツール
Text to Columns(列分割)ツールは、1つのフィールドから別の行または列にテキストを分割します。
Excelですとセル分割を行うイメージです。
参考URL: https://www.manetama.jp/report/excel-hack-split-cell/

例えば、一つのフィールドに情報が複数入っている場合。
・アンケートの選択肢が複数選択(チェックボックス)である
・URLに含まれている地域情報が複数ある

他、氏名や住所、電話番号、を一定のルールを指定して、分割し、集計を行っていくことが可能になります。

ツールの使い方

ここからは具体的な使い方をご紹介します。

列分割

データを指定した記号または文字列を元に列に分割します。

以下のデータが、

ID 希望カテゴリ
A1234 AA
A1235 AA:BB
A1236 BB:CC:DD

このようになるイメージです。

ID 希望カテゴリ 希望カテゴリ 希望カテゴリ
A1234 AA
A1235 AA BB
A1236 BB CC DD

 

設定画面はこちらです。

どこのフィールドに対し、どの方法で分けるか?を指定します。
また、今回は列分割のため、列で分割する。をクリックした後、分ける列数と、列で分割する際のオプションを設定すれば完了します。

 

行分割

データを指定した記号または文字列を元に行に分割します。

先ほどと同じデータが、

ID 希望カテゴリ
A1234 AA
A1235 AA:BB
A1236 BB:CC:DD

今度はこのようになります。

ID 希望カテゴリ
A1234 AA
A1235 AA
A1235 BB
A1236 AA
A1236 BB
A1236 CC

 

設定画面はこちらです。

どこのフィールドに対し、どの方法で分けるか?を指定します。
また、行を分割するをクリックするのみです。

区切り文字

どこで文字を区切りますか?について、区切り文字を入力します。
主な区切り文字をご紹介します。
そのほか、複数の文字(極端な話”わたし“とか)でも分けることが可能です。

主な区切り文字一覧
記号はバックスラッシュ(\)または 円マーク(¥)です。
\t タブ区切り
\n 改行
\s スペース
\t タブ
– ハイフン
\s\t スペースとタブ
(のように複数組み合わせることも可能です。)

行分割活用事例① 複数フィールドに情報がたくさん入っている場合

今回は行分割ツールを使った集計方法をご紹介します。

例えば、こちらのようなIDごとに並んでるログデータを、カテゴリごとに集計したいとした場合、

列分割は、その後の集計が少し不便です。
分割できたはいいものの、うまく集計できないってことが起こります。
(Transposeツールなどを活用すれば出来ないことは無いですが、フローが長くってしまうためあまりよくないです。)

また、列が膨大になることもしばしば・・・(1つのフィールドに47都道府県が入る場合など)
このような場合、Alteryxは行で分割が出来るため、この後の集計がとても便利です。

ワークフロー紹介

とってもシンプルです。

なお列分割を使った場合も、できなくはありませんが、少しワークフローが長くなります。

 

結構長くなりました・・・

シンプルなので是非参考にしてください。

行分割活用事例② 複数選択肢のを等分したい場合

分割ツールの後、サマライズツール・JOINツールを使うことで、
1ユーザー当たりの意見(希望)についてある意味公平な計算を行うことが出来ます。
以下のワークフローを使えば、1ユーザーからの複数意見に対し、
・1ユーザーにつき複数意見を割る(1ユーザー3票だとしたら0.3票と計算をし直す)
・1ユーザーからの複数意見を足す(1ユーザー3票だとしたら1票ずつ足し上げる)
といった集計も可能になります。

まとめ

今回はデータ集計時の効率UPに役立つ分割ツールについて紹介いたしました。
SQLで一次集計後、Excelで再度データクレンジングと集計を行うことなく、Alteryxですとデータ取得からクレンジング・集計までが完了します。
またSQL文では行分割がうまくできないといったお声や、一次集計後データ量が多すぎて、Excelで集計が出来ないといったお声もありますので、
こちらの列分割ツールを活用いただき、業務効率化につなげていただければ幸いです。

弊社にはAlteryxDesignerを毎日利用し、活躍しているアナリストが多数おります。
AlteryxTableau連携した使い方・業務改善のご相談や、
Salesforceを使った営業業務の改善コンサルティングなど、お気軽にご相談ください。

Alteryx(アルテリックス)を14日間無料でご体験いただけます。
TableauやSalesforceとの連携についても、体験期間でご確認いただけます。
トライアル期間中もサポートいたします、ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
14日間のフリートライアルはこちらから

Alteryx(アルテリックス)のお見積りや、その他データ分析に関するご相談は「問い合わせページ」にて承っております。お気軽にご相談ください。
お見積もり依頼などのご相談はこちらから

 

関連記事

  1. Alteryx機能紹介 Preparation(準備)

  2. IoT本格時代の膨大なデータをalteryxで整理する

  3. Alteryx ETL 概念図 EAI

    機能|ETLツールとして必要な機能を備え持っているAlteryx

  4. データ民主化とAlteryx

  5. 事例|Alteryxを使った働き方改革(ルーチンワーク自動化)

  6. Python Tool を使ったLoop処理|Alteryx Desi…

フリートライアル(14日間の無料試用)