AlteryxのRツールとライブラリ追加方法

こんにちは、PR担当Saoriです。

”Alteryx”(アルテリックス)は、ツールをドラッグ&ドロップし、線をつなげていくことで「ワークフロー」という処理の履歴を構築し、再生ボタンを押すことで、処理が実行できるため、とても分かりやすいのが強みの統計ツール

こんにちは。Saoriです。

今日は、Alteryxで予測統計を行うには欠かせない、R(言語)とRツールについてのご紹介と、
ライブラリ/パッケージの追加方法についてご紹介いたします。
標準実装されていないライブラリ/パッケージを追加したい場合にぜひご活用ください。

RはAlteryxを使う上では重要な、統計解析のためのサポートをしてくれます。

★目次★

  1. R(言語)とは、ライブラリ/パッケージとは
  2. AlteryxのRツール
  3. ライブラリの確認方法と追加方法 Install R Packagesの紹介

R(言語)とは

R(言語)の説明

R(言語)とは、統計解析及び予測分析言語として開発された、フリーで利用することが出来るプログラミング言語です。
Alteryx R言語 ロゴ
機械学習などで使われることが多く、使っている方も多い言語です。

ライブラリ/パッケージとは

ライブラリ/パッケージは、機能別にまとまったデータ・関数・アプリケーションをまとめたものをいいます。
自分で開発せずとも、追加で武器を手に入れるような、イメージです。
標準パッケージのほかに、600以上の追加パッケージがあり、自由に追加することが出来ます。
欲しい関数を必要に応じて追加できるというのは、大変な強みかと思います。

▲目次にもどる

AlteryxとRツール

AlteryxのRツールとは

Alteryx R 統計 予測 Predictiveツール アイコン 画像 1Rツールは、コードを書いて予測分析を行うことが出来るコードエディタツールです。
RGuiのように、Alteryx上でR言語を書いて処理を行うことが出来ます。
R(言語)への熟練・熟知が必要になりますが、普段使っている方はAlteryx上で普段通りにプログラミング言語を扱うことが出来ます。

AlteryxとRの関係

Alteryxの予測に関わるツールは、このR(言語)をベースに作られています。

ツールにカーソルを合わせクリックすると、アイコンが拡大されるのですが、
フォレストモデル Tool Alteryx アイコン ツール説明画像
左下に”R”の文字があります。
こちらの写真のようにありますね、”R”の文字が。
フォレストモデル Tool Alteryx R Rアイコン ツール説明画像

これは、R(言語)を使って作成されたことを意味します。
ではどこで(R言語)が使われているのか?
実は、予測関連のツールは複雑なワークフローをひとまとめにしてくれています。
例えば、Network Analysis Tool ネットワーク解析 ツール Alteryx アイコン 画像ネットワーク解析(Network Analysis)ツールを見てみます。
Network Analysis Tool ネットワーク解析 ツール Alteryx 中身画像 Rツール
Rツールがありました。
設定の中身を見てみると・・・
Network Analysis Tool ネットワーク解析 ツール Alteryx 中身画像 Rツール設定
複雑な計算式を使い算出してくれています。
このようにR(言語)を使って予測統計を行っています。

それぞれのツールがどうできているか?を調べながら、コーディングの勉強をすることも出来ますし、
コーディングの知識が無い方はAlteryxがツールとしてひとまとめにしてくれていますので、
Predictive関連のツールをそのまま使っていただければ問題ありません。

▲目次にもどる

ライブラリ/パッケージの追加方法

ライブラリの追加方法

Alteryxのツールを使い、パッケージを簡単にインストールできるワークフローを用意してくれています。
このワークフローを使うと簡単にインストールすることが出来ます。

★登録方法★
①専用ワークフローを入手する
Install R Packages というRのパッケージを簡単に入手できるワークフローがございます。
↓↓こちらです↓↓
Install R Packages ※Alteryx Analytics Gallery のサイトとなります。
こちらログイン(登録無料)が必要です。
ほかにもさまざまなツールがありますので是非ご登録ください。

②ご自身のAlteryxDesignerに取り込む
Alteryxを管理者権限でログインします。
パッケージ化されているので解凍します。通常のワークフローを開く場合と同じように開いていただければ問題ございません。
完了すると以下のようなワークフローが出てきます。
Install+R+Packages ワークフロー

③インストール
ワークフローを開いていただき、杖マークをクリックします。
Install+R+Packages ワークフロー app

すると分析アプリが立ち上がりますので、任意の場所を指定し、必要なパッケージ(ライブラリ)をインストールします。

Install+R+Packages ワークフロー app2
上記
・入れたいパッケージ名
・保存したい場所
を記入し、指定します。

その後、完了ボタンをクリックいただくと、以下のように動きます。

Install+R+Packages ワークフロー app3

無事完了すると以下の案内が出てきます。Tempフォルダにもインストールされているようです。

Install+R+Packages ワークフロー app 完了

なお、今回のインストール先がCドライブだったため、管理者権限での起動を推奨しました。

Tempフォルダにもインストールされているので、そちらに保管されているフォルダ(インストールされたライブラリ)を

C:\Program Files\Alteryx\R-3.4.4\library

へ移動いただいても問題ありません。

ライブラリの確認方法

無事取り込まれたかどうかを確認します。

【C:\Program Files\Alteryx\R-3.4.4\library】

を見てみると・・・

Install+R+Packages ワークフロー app 確認

入っていますね。

なお、ライブラリ/パッケージをインストールする前に入っているかどうかを確認したい場合は
①C:\Program Files\Alteryx\R-3.4.4\libraryへ行きライブラリフォルダを確認する。
②Rツールを使い【library(必要なライブラリ名)】を実行し、エラーになるかを確認する。
③RGuiを使って【library()】と入力し、ライブラリ一覧を出力する。
の3点があります。

RGuiを使い慣れていない方は、①で確認いただくのが良いかと思います。

まとめ

今回はRツールにおける、ライブラリの追加登録方法についてご紹介しました。

Rについてあまり慣れていない方、RGui(インターフェース)を日常的に使っていない方は是非、
本日ご紹介した設定方法をご活用いただければと思います。
統計に関してまだ慣れていないという方も、
Alteryxを通じてデータ分析や予測統計に関しての経験や知識をつけていっていただけたら幸いです。

Alteryx(アルテリックス)を 14日間 無料でご体験いただけます。
データプレパレーションにかかる時間を大幅に削減してみませんか
トライアル中も予測(Predictive)ツールをご利用いただけます。

不明な点に回答する試用サポートも実施中です!Alteryx認定資格取得社員が分かりやすくご説明いたします。
14日間のフリートライアルはこちらから

その他データ分析・集計に関する課題がございましたらいつでもご相談ください。
お問い合わせページはこちら

関連記事

  1. Alteryx 全種類 機能説明 TOP画像

    Alteryx機能紹介 Interface(インターフェース)

  2. Alteryx Excel Convet

    ExcelユーザーのためのAlteryx関数変換表2

  3. Alteryx機能紹介 Preparation(準備)

  4. データ分析はじめの一歩②【データの中身】

  5. 製品紹介|Alteryx Designer/Server/Connec…

  6. Alteryx 全種類 機能説明 TOP画像

    Alteryx機能紹介 Data Investigation(データ調…

フリートライアル(14日間の無料試用)